FC2ブログ

ジグ・ソリタード 1

ジグ・ソリタード。

野性味溢れる男性選手を出したかったのが誕生のきっかけです。

しかし、狼っぽさを出そうとしたのになぜか犬っぽくなってしまい・・・

夏海との対戦は、試合としてはよかったんですが、

両者のキャラがあまりうまく立たなかった、という反省が残りました。

キャラを立てるって、なんて難しいことなんだ・・・
スポンサーサイト



夏海・マウルシア・エスカーナ 1

夏海・マウルシア・エスカーナ。

ダンサー志望のカポエラ使い。

カポエラ、女性、ブラジルの血ときたら、

思いっきり「鉄拳」のクリスティと被ってますな。

性格は別人なので勘弁してもらいたいところですが・・・

とはいえ、カポエラの本場と言えばブラジルだし、

男性選手に使わせたらエディとかリチャード・マイアなんかと被るし。

もっといいアイディアが浮かんでいればなぁ。

自分の発想の貧困さが情けない;

八岳琉璃 1

八岳琉璃。

美貌、頭脳、強さと三拍子揃った完全無欠のお嬢様。

「<地下闘艶場>最強の女性選手を出したい」

との想いが結実した選手です。

マンハッタンブラザーズの二人を瞬殺、

ジョーカーを一蹴、

元橋にも勝利(実際は勝ちを譲られましたが)、

という最強選手に育ってくれました。

人気投票でも二回連続で一位を取ったし、

名実共に<地下闘艶場>の看板選手となったと言っていいのかも。

ただ、手強くなりすぎてセクハラシーンが少ないのがなんとも・・・



今思えば、「鉄拳」シリーズの「リリ」の影響があったかも?

コンテ・大倉

コンテ・大倉。

話の流れで出てきた選手です。

だからモチーフとかは特になく、

個性つけのために日系ブラジル三世ということにしました。

もしかするとアントニオ猪木の経歴が頭の片隅にあったのかも。

早矢仕とは中々いいタッグだと思うので、

これからも時々登場するでしょう。

早矢仕杜丸

早矢仕杜丸。

「強さ」が登場基準の筈の<地下闘艶場>に、

「ヘタレ」を登場させたらどうなるか、というのが最初だったと思います。

「ヘタレ」で「チャラい」というキャラの立った男性選手になったため、

かなり登場回数も増えました。

いい思いもするけど、最後は気絶・失神で退場というパターンもできてるし、

また登場することでしょう。

森下恋 1

森下恋。

写真家希望で柔道経験者。

暮内ゆかりとは違う柔道選手を出したいと思ったのが最初です。

しかし、これほど色責めをしたくなる女性になるとは思いもせず。

眼鏡を外したら美人、というお約束も良かったのかも。

実力はあるのに、カッとなる性格が災いしてピンチに陥ることが多いです。

再登場させたいけど、タイミングが難しい・・・

拍手コメントへの返信です

>336様

修行・・・

美緒さんには似合わない言葉ですねw

でも、美緒さんは練習頑張りそうだなぁ。

エキドナ 1

エキドナ。

<地下闘艶場>では初めて正体を明かさなかった選手です。

(とは言っても、すぐに座談会で正体ばらしちゃいましたが)

ピュアフォックスがダークフォックスとして復活したように、

美緒にも復活して貰いたい、

それがモチーフだったと思います。

もう少し立ち回りを覚えれば、もっと強くなれる筈。

エキドナとしても栗原美緒としても頑張って貰いましょう。

異論反論オブジェクション

2010年4月12日に掲示板に書き込まれた意見について、少しブログで述べさせて貰います。
HPでは「ただの管理人」という立場ですので、「作者」としての立場からの物言いがしにくいためです。

>早速作品を拝見させていただきましたが
>正直な感想は「勿体無い!」というものですした。
(中略)
>ただ、肝心の格闘シーンの表現がいささか抽象的すぎて
>リアルな想像が出来ません。
自分が書きたいのは「セクハラプロレス」であって、「格闘物」ではないんですが。
格闘シーンをリアルにすると、肝心なセクハラのシーンが始まるまでが冗長となってしまいます。
また、格闘シーン(特に女性選手の活躍シーン)はリアリティよりも爽快感を重視しています。
この辺は注力する部分の違いとお考えください。

>たとえば、キックの選手が胴回し回転蹴りを出すシーンが有りましたが
>実際の戦いでそれはありえないことではありませんか。
確かにご指摘通り、キックボクシングに胴回し回転蹴りはないと思います。
でも、実際に格闘技をやっている人間は、結構テレビで見た技を遊びでやったりしますよ?
その技が自分に合っていれば、実戦でも使うでしょうし。
ありえない、とまでは言い切れないと思うんですが。
そういう細かい点も描写したほうがいい、ということでしょうか?

>また、「御前」やその他数人のキャラクター設定が
>あまりに陳腐でリアリティが皆無です。
(中略)
>武者修行なんてする前に、現在それほどの人物になっているなら
>やるべき事は他にたくさんあったように思えますが。
武者修行を行っても得るものがなにもない、という風に聞こえますが、旅をし、真剣勝負をし、様々な経験を積むことが無駄でしょうか?
覇者となった豊臣秀吉だって、織田信長に仕えるまでは野武士のパシリをしたり、針の行商をしたと言われています。
そのときの苦労が、「人たらし」と呼ばれるほど人の扱いが上手くなった一因ではないでしょうか。
経験が無駄になることなんてありませんよ。

また、自分の中では「御前」がどういう生い立ちで、どういう経緯で現在の地位を築いたのか、はっきりと決まっています。
それを公開していないのは、「御前」をミステリアスな存在にしたいのと、公開のタイミングを計っているからです。
一つ言うとするなら、武者修行で得た力と精神力がなければ、「御前」の今の地位はなかったでしょう。

>こういう所が凄く陳腐に感じました。
>いくら「ファンタジー」な物語であっても
>ある程度のリアリティは必要に思います。
ノンフィクションの作品以外、世の中全ての作品は「ファンタジー」の要素を含んでいます。
自分の作品の舞台も登場人物も、実際にはある筈もないものです。
多分リアリティが足りないということだと思いますが、リアリティだけを求めていては作品を書けません。
自分はバランスが大事だと思います。

>そういうところに少し気を配るだけで
>管理人さんの世界はさらに輝きを増すと思うのです。
>そういう意味で実にもったいないと感じたのです。
それでは、少しリアリティにも凝って作品も書いてみたいと思います。
輝けるといいなぁ。

>通りすがりの書いた戯言ですからあまりお気になさらずに
>今後共に頑張っていただきたいと思います。
ありがとうございます。
頑張りますよ!


ここからは気になったことを。

書き込みを見ると、全体的に「上から目線」からですね。
「ここがおかしい」、「こうするべきだ」、「なぜこうしないのか」等々・・・
押し付けではなく、もっと客観的な視点からの指摘が欲しかったです。

また、設定や文章には自分の「想い」を込めています。
なので、「ここがおかしい」ではなく、「なぜここはこういう表現なのか?」という風に考えて欲しいです。
細かいところに拘るのも楽しみ方の一つだと思いますが、たまには何も考えずに作品を楽しむのもいいものですよ?


最後に、作品の中に明らかな矛盾や陳腐な点があれば、遠慮なく教えてください。
批判的な目で見て貰うことで、自分で気づいていなかった点に気づけると思いますので。
(全て受け入れる、ということは約束できませんが)

こちらも厳しいことを書きましたが、これからも宜しくお願いします。
別に怒っているわけではありませんので、誤解されませんように。

拍手コメントへの返信です

>336様

ある特定のキャラへの愛情(?)溢れるコメント、

いつもありがとうございます。

登場人物が増え過ぎたたため、再登場があるにしてもかなり後になります。

しかも更に新キャラが増えますし・・・

申し訳ないですが、暫くお待ちくださいませ。
プロフィール

事務員

Author:事務員
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる