FC2ブログ

鈴代咲夜 1

鈴代咲夜。

外見が男性的な選手を出してみたいと思ったのが最初です。

「男性的」→「胸は小さめ」→「でも大きいほうがいいや」

「男性的」→「女性にモテる」

というわけのわからない連想で、

着痩せするタイプで女子高の生徒会長ということになりました。

格闘技はほぼ素人なので、勝たせるためにかなり苦労した気がします。

投票によって再登場が決まったので、また苦労しそうです・・・
スポンサーサイト



ニナ・ガン・ブルトン 2

ニナ・ガン・ブルトン。

二十三話で二回目の登場となります。

天然娘で人の言うことを信じやすいため、あっさりと騙されてくれました。

巫女衣装を着せたものの、褐色の肌には合わなかったかな・・・

最近はまったく登場がないので、そろそろ再登場をお願いしてみるか。

拍手コメントへの返信です

>336様

感想ありがとうございます。

ミステリオ・レオパルドは使いやすいので、これからも登場するかもしれません。

ただ、噛ませ犬化してるのがちょっと可哀想ですね。

恵比川福男

恵比川福男。

柔道家を出そう、という思いつきから出来たキャラです。

口調が古めかしい以外はよくある柔道家の体型です。

「福」という名前に反して「鬼瓦」のような顔にしたのは、せめてものキャラ付け。

しかしメイに病院送りにされたため、これ以降は登場しないかもしれません・・・

なーむー。(ちーん!)

アシュタルト・デフォー 1

アシュタルト・デフォー。

フランス人で、杖を操るイケメン。

杖術を使う敵キャラを出したかったんですが、そのまま日本人だと面白くない。

ということで金髪フランス人に。

北野武監督の「座頭市」がフランスでも大人気だという記事が頭に残っていたのかも。

(北野作品はどれも海外での評価が高いですが)

まさか出した当初は、瑞希にプロポーズするようなことになるとは思いも寄らず。

女たらしで軽薄口調だけど誠実でイケメン、という女にモテる要素満載。

なのに、瑞希のどこが気に入ったのか、さっぱりわかりません。

まあアシュタルト本人は幸せそうだし、これからも瑞希を追っかけて行くんでしょう。

ミステリオ・レオパルド 1

ミステリオ・レオパルド。

中肉中背のルチャ・ドールで、スピードあるテクニシャン。

モデルはいるんですが、訴えられたら困るので非公表で。

今思えば、もう少しオリジナル要素を入れれば良かったなぁ;

女性選手の実力に合わせた闘いをしてくれるので、便利なキャラです。

稲角瑞希 1

稲角瑞希。

闘い大好き少女で、左頬の傷がトレードマーク。

一人称は「ボク」。

初戦はミステリオ・レオパルドに完敗。

二戦目はヌンチャクを使っての武器戦で、アシュタルト・デフォーの隙を衝いて逆転勝利。

あまり強くはないものの、そこそこ人気があります。

アシュタルトから猛アタックを受けているのも人気の一つかも?

彼女がヌンチャクを使うのは、勿論ブルース・リーへの敬意を込めて。

ジークンドー → ブルース・リー → ヌンチャク。

見事な三段論法です。

瑞希とアシュタルトの会話は夫婦漫才のようで、書いてる本人が楽しくなります。

久遠・ジョーカーのカップルとはまた違う関係ですね。

「御前」の部下たち

「御前」には数多くの部下がいます。

その内名前が出ているのは

 鬼島洋子
 ナスターシャ・ウォレンスキー
 元橋堅城
 御坂竜司
 無業
 真崎
 田芝
 古池虎丸
 瓜生霧人

この9名。

上記の内、洋子以外で最初に決まっていた部下は

元橋・御坂・無業・真崎

の男四人。

実は全員名前が「ま行」で始まります。

田芝・古池・瓜生は後に設定したキャラなので「ま行」ではありません。

(田芝には理由があり、古池は初めは部下という設定ではなく、瓜生はただ単に忘れてました)

こういうくだらない遊びを入れるのは大好きです。

「め」で始まる部下だけがいないので、いつか加入させたほうがしっくりくるなぁ。

まるで思いつきませんが。

来狐遥 2

来狐遥。

第八話のタッグマッチでやり過ぎてしまったため、

「リングに上がりたくない!」と言い出してしまいました。

彼女に再びリングに上がって貰うため、ヒール用の新マスクを準備することに。

それが効を奏し、「ダークフォックス」として復活してくれました。

「ピュアフォックス」から「ダークフォックス」への転身の元ネタは、

武藤敬司とザ・グレート・ムタです。


今回のように、一旦登場人物の性格が固まってしまうと、

おかしな行動をさせづらくなります。

リクエストがあっても応えられない場合はこのためです。

逆に登場人物が行動を取ったときには何かしら理由がある筈で、

それが作品のネタになったりもします。


不器用なのかもしれませんが、

登場人物を使い捨てにするようなことはしたくないし、

肉体や精神が壊れるような酷いこともしたくないんです。

甘いだけかもしれませんが。

・・・セクハラ自体が酷いことだ、というツッコミは無視させて頂きます。

ナスターシャ・ウォレンスキー 1

ナスターシャ・ウォレンスキー。

ロシア人でKGB上がり。

皮肉屋な性格でいつも一言多い。

コマンドサンボを使う強い選手を出したくて、

「コマンドサンボならやっぱりロシア人かな」

→「名前はロシア人っぽいからナスターシャで」

と安易に決めたところ、後に「レッスルエンジェルス」のナスターシャ・ハンと被ってることに気づいて凹む。

まあ外見は別人だし、性格は被ってないからいいか!と復活。

試合は元橋との対戦ながら、かなり善戦したんではないでしょうか。

オールヌードはちょっとやり過ぎたかも・・・

試合後は「御前」と対決し、完敗。

イカされて部下になるというエロ展開の王道を行ってみました。

「御前」の命を狙うという展開でも面白かったかな?

でもそれは他のキャラで・・・おっと。

なまじ「御前」の部下になっちゃったせいで、案外出番を作り辛くて可哀想なんですよね。

シングルトーナメントでもチョイ役だし。

好きなキャラなんですが、実際身近にいたら恐くて近寄れませんがね。
プロフィール

事務員

Author:事務員
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる