FC2ブログ

八岳琉璃 4

八岳琉璃。

外伝では結婚し、子供もできた描写があります。

ただ、未来の琉璃を取り巻く環境は厳しいものです。

八岳グループを支配する八岳一族の中には、

才能よりもステータスを重視する風潮が強くなっていきます。

(貴族化していく、といったほうが良いでしょうか)

琉璃が事もあろうにラーメン屋の跡取りと結婚した事実は、

一族の中での地位低下を意味します。

八岳将玄が生存している間は表立っての妨害はないですが、

将玄亡き後は凄まじい攻撃が待っています。

息子の陸が八岳グループの総帥を目指すのは、

生まれついての野心と母を守るためです。

<地下闘艶場>次世代を彩る人物たちも、

既に自分の頭の中では息づいています。

陸を始めとして何人も居るんですが、

まだ発表できる段階ではないんですよね・・・

文章作成の速さか、

脳内妄想を文章化できる機械が欲しい・・・
スポンサーサイト

ビクトリア・フォレスト 2

ビクトリア・フォレスト。

アメリカ軍人ですが、

<地下闘艶場>に参戦しています。

本編六十五話で二回目の参戦。

(シングルトーナメントには参戦してますが)

猿冠者とジョルジュの二人を相手に勝利。

「負け癖がついてる」

みたいに言われますが、

アメリカ軍人が弱いわけがない!

相手が悪すぎるだけなんです。

しかし勝利を挙げたのも束の間、

レフェリーを含めた三人がかりで嬲られ、

全裸に剥かれても尚責められることに・・・

うーん、

何故かビクトリアにはお仕置きしたくなるんですよね。

本人には大迷惑でしょうが(笑)

沢宮冬香 3

沢宮冬香。

第六十四話で四回目の登場となりました。

対戦相手は初登場・津堂斬一。

「空手家の敵が居てもいいのでは」

という疑問を頂いたことで生まれたキャラです。

しかし、冬香さんや。

相変わらず、

義姉(ではなくなったけど)のためなら体を張るよね。

肉親への愛情以上のもの、

というか執念染みたものを感じるなぁ。

そう言うと本人は否定するだろうけど。

四岐部亜衣紗

四岐部亜衣紗。

本編第六十三話に登場。

裏柔道という言葉が耳に残り、

どういう闘い方をするのかを考えたとき、

亜衣紗が誕生。

かなりエグイ闘い方をする女傑となりました。

蒲生漣次を腕ひしぎ十字固めで右肘を破壊して一蹴。

古池虎丸との連戦を強いられ、

奮戦するも全裸とされて敗北。

しかもお持ち帰りされてしまいました。

今は虎丸と関係を結んでいるため、

<地下闘艶場>への再登場は厳しいかも。

・・・おかしいなぁ。

最初の予定では、

もう何回か登場する予定だったのに。

再登場させるにしても、

いい理由付けがないとなぁ。

それを思いつかない限り、

再登場は厳しいでしょう。

クリスティーナ・ローゼンメイヤー 2

クリスティーナ・ローゼンメイヤー。

本編第六十二話で二回目の参戦になります。

対戦相手は瓜生霧人。

お気に入りの選手同士の対戦は、

霧人の勝利で終わりました。

しかし、

まさかクリスが霧人に告白するとは・・・

こんな風に、

自分でも驚く展開になるのが書いていて面白い瞬間です。

本当ならもう何回か本編に登場して貰う予定だったのに、

霧人とくっついちゃう(ことになる)クリスなので、

「もう参戦しなくていいから」

ということになりました。

・・・あれ?

シングルトーナメントと矛盾してるぞ?

ま、まあその辺は大目に見て頂けるとありがたいです;

渦鹿辰己 2

第六十一話には、

第五十九話から引き続き渦鹿辰己に登場して貰いました。

正体を隠してリングに上がったときから再登場は予定していました。

対戦相手は護覚。

外法を操る破戒僧という設定です。

辰己の中国拳法の実力はかなり高いものだと考えていたため、

どうすればサービスシーンまでもっていけるかを考えての格闘スタイルです。

辰己は苦戦しながらも最後は白虎双掌打で決めてくれました。

サービスシーンも含め、

結構お気に入りの試合です。

・・・実は、

本物の僧侶の方から文句がこないかとビクビクしていました。

なので過剰なまでに

「正当な仏教とは関係ないんですよ」

アピールをしていました。

・・・今考えると、

そもそも<地下闘艶場>のようにエロ格闘しかないHPを

僧侶の方が見る筈がn(ry

この試合の後、

あるイベントを経て辰己は海外へと旅立ちました。

そのイベントとは・・・

外伝で明かされる予定です。

外伝の発表時期?

相変わらず未定です。

渦鹿辰己 1

渦鹿辰己。

男装の麗人が出したくて造詣した選手。

モデルはSNKの格闘ゲームに何度も出ているキング。

第五十九話で服が破れて女性だとばれるのは、

龍虎の拳から持ってきてます。

辰己がイギリス人とのハーフとしたのも、

キングがイギリスでバーを経営しているので、

そこに絡めたネタです。

キングの格闘スタイルはムエタイで、

辰己は中国拳法なのでそこは違いますが。

実は、

<地下闘艶場>出場女性選手の中では

かなり強いランクに入ります。

どれほど強いかは【外伝】で・・・

とか言いつつ、

発表はいつになるのやら;

棟臥祢衣 1

棟臥祢衣。

本編第五十九話に登場したマジシャン。

システマ使いということにしたものの、

いまいち活かすことができず。

マジシャン繋がりでジョーカーこと河井丈との関係も匂わせたものの、

やはり活かすことができず。

対戦相手は渦鹿辰己ということもあり、

辰己の引き立て役に終わった感も。

後悔ばかりの選手となってしまいました・・・

再登場させたとしても、

上手く動かせないだろうなぁ;

桃郷美影 1

桃郷美影。

栗原美緒の母方の従姉妹でムエタイ使い。

美緒に姉妹が居たら面白いか?

いや、従姉妹のほうがいいかも、

といった感じで美影が生まれました。

名字は「栗」原から「桃」郷に、

(桃栗三年、柿八年)

名前は「美」緒と似た「美」影にしました。

美緒がどちらかというと男性と近づきたくないタイプなので、

いい男好きに。

それなのに処女ということにしたのはギャップ萌えを狙って。

750ccのバイクを乗り回すのはキャラ付けです。

Hカップなのは、

多分かなりおっぱいを揉まれてきたと思うので。

フ○ラもパイ○リも経験豊富なのに処女。

ロストヴァージンはいつのことやら。

カミラ・アーデルハイド・バートリー 1

カミラ・アーデルハイド・バートリー。

第二回シングルトーナメントの主役。

モチーフはずばり「吸血鬼」。

カミラという名前はよく「女性吸血鬼」に使われてるので命名。

バートリーはかの「エリザベート・バートリー」から。

じゃあアーデルハイドはと言うと・・・

「アルプスの少女ハイジ」の本名から。

確か盗作云々が取り沙汰されていた筈。

なぜミドルネームを付けたかと言うと、

「カミラ・バートリー」が既に使われていたから。

うん、

自分が考えることなんて誰かが先に考えてるよね!
プロフィール

事務員

Author:事務員
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる