FC2ブログ

「ケンガンアシュラ」

「ケンガンアシュラ」とは、

Web漫画【裏サンデー】で連載されている格闘漫画です。

この漫画、

とにかく格闘シーンが熱い!

しかも逆転に次ぐ逆転で、

勝敗が容易には予測できません。

伏線もあちこちにちりばめられ、

その回収の手際の良さに、

原作者の力量が半端ではないことに気づかされます。

おまけ漫画を読むと、

原作者、作画、担当の三位一体の作品だということが良くわかります。

興味が沸いた方、

ぜひ発売中のコミックを読んでみてください。

数多くの魅力的な登場人物が待っていますよ。

・・・カバー裏には魅力的な(ry
スポンサーサイト



これからの展望もしくは妄想

<地下闘艶場>本編は中々進まないものの、

こういう選手を出したい、

という想いだけは溢れてきます。

特に男性選手が頭の中で好き勝手に動き回っています。

早く登場させてやりたいけど、

こっちの都合もあるんだって;

2014年正月

早2013年が終わり、

2014年が始まりました。

去年は特に時間が過ぎるのが早かった・・・;

おかげで書き溜めもできず、

作品の分割で誤魔化すというせこい技で毎週更新を続けました。

やっぱり手を抜くとしっぺ返しを食らうもので、

ほとんど感想を貰えなくなってしまいました(泣)

本編更新がないので、

人気選手も出ず、

感想も貰えない、

という負のピタゴラスイッチ。

今年はなんとか本編更新も頑張りたいものの、

記念すべき第百話に大苦戦。

なかなか筆が進みません。

発表は来月以降かなぁ;

ともあれ、

今年も<地下闘艶場>を宜しくお願い致します。

雑談? 雑記?

第二回シングルトーナメントを書き終わったものの、

【外伝 カミラ・アーデルハイド・バートリー】は未だ書き終わらず・・・

そのくせ、

もう第三回の組み合わせを考えていたり。

飽き性なのが原因なのか、

新しい選手、

新しい試合を書きたくなるんですよね。

もっと人気選手の試合を書けばサイトも盛り上がるのはわかっているけど、

こればっかりは性分なので。

でも、

同じ選手ばかりで試合をしていれば、

八岳琉璃も九条雪那も嵯暁スミレも登場しなかった筈。

なかなかお目当ての選手は登場しないかもしれませんが、

のんびりと待って貰えると助かります。

自分の作品あれこれ

今回は自らの作品(と言えるほどのレベルかどうか;)について。

自分の作品は<地下闘艶場>だけではなく、

他のサイト様に掲載して頂いたものもあります。

自らが書いた作品群の中で、

一番のお気に入りは何か、

と問われたら・・・

「シメグル.」にて掲載頂いた

【女神の微笑み ~吉原泉 十六歳~】

です。

PAPAさんのイラストに触発され、

一気に書き上げた覚えがあります。

とある少年の成長と失恋が、

自分が考えてた以上に巧く書けたと思います。

次点で【琉璃の初恋】でしょうか。

発表するか悩んだものの、

予想していたような反発もなく、

次代に繋がる話にもなりました。



・・・実は、

<地下闘艶場>本編より外伝のほうが好きなんです。

本編ってエロ格闘しかできないし。

外伝だったら「物語」が書けるし。

ここ最近は、

本編は外伝を書くためのキャラ掴みの場だ、

と開き直ってます。

とはいえ、

本編で書きたい登場人物もネタもまだまだあるんですけどね。

本編の秘密

タイトルほどにたいした話題ではないんですが、

本編に登場する女性選手、

何度も参戦することがありますが、

年齢はいつも一緒。

サ○エさん方式です。

本編も五十話を過ぎ、

本当ならば年齢も上がっていく筈ですが、

そこはご都合主義ということで。

そのくせ外伝では未来の話を書いてたりするんですよね。

まぁ、

その辺は緩い感じで見逃して頂ければな、と。

第五十話

本編第五十話で、

エキドナとダークフォックスにタッグを組んで貰いました。

第四十五話から、

タッグマッチは五の倍数話で行ってます。

対戦相手は常連のマスク・ド・タランチュラと新登場のジョルジュ。

二人ともエロエロなことをして、

予想通りお仕置きされちゃいました。

・・・おかしいなぁ。

ジョルジュ、もうちょっと強い選手の筈だったのに。

エセ外人な喋り方が胡散臭いイメージをつけちゃったのかも。

ともあれ、

よくもまぁ五十話も書き続けてきたもんだ。

こうなったら百話を目指すか!

第四十五話

本編第四十五話で、

須座久菊奈と都修麗羅の「JJJ」コンビにタッグを組んでもらいました。

本業でもチームを組んでいる二人、

<地下闘艶場>でも面白いのでは?

というのが出発点だったような。

菊奈にやられっぱなしで終わって欲しくなかった、

というのもあったし。

でも、

菊奈が予想以上に闘いを嫌がり、

ほとんど麗羅一人での奮闘になりました。

最後は勝利で終わり、

菊奈も心の整理がついたので、

やってよかったな、と思えた試合でした。

菊奈と麗羅のコンビは書いてて楽しいです。

普段は麗羅が菊奈に振り回されているんだろうな。

ピュアフォックスが加入してからの「JJJ」も書いてみたいなぁ。

・・・時間がないんだけどね!

第三十六話

本編第三十六話は、

森下恋と笹塚水華のタッグマッチを行いました。

二人とも23歳で、恥ずかしい姿を写真に撮られたという共通点が。

(ちなみに敗北したのも同様)

対戦相手には恋の因縁の相手でもあり、

実力的にも丁度いいと思った大倉&早矢仕組を用意。

試合展開からもエロ度からも中々盛り上がった試合ではないかな、と。

でも二人が勝って写真を取り戻しちゃったから、

もう本編に登場することはないかも・・・

第十一シーズン

第十一シーズンの予定を書いておきたいと思います。

【第五十一話 ステファニー・クレイトン:プロレス】(新キャラ)

【第五十二話】(再登場)

【第五十三話】(新キャラ)

【第五十四話】(再登場)

【第五十五話】(新キャラ)

今シーズンは新キャラが多めです。

それ以降のシーズンも新キャラが多数登場します。

目当てのキャラの登場が中々ないかもしれませんが、

ご容赦のほどを。
プロフィール

事務員

Author:事務員
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる